差し歯治療の問題点を改善した最新の治療法

差し歯治療ってどんな治療?

差し歯とは、欠けた歯に金属やプラスチックの土台を埋め込んで、見た目を綺麗にする治療です。従来の差し歯治療では、治療の際に様々な問題が生じていましたが、最新の治療法だとそれを防ぎながら美しく健康な歯を手に入れることができるのです。ですから、歯を失ってしまったときは、最新の方法で治療をしてくれるところへ行きましょう。それが、歯を取り戻す方法といえます。

最新の差し歯治療でこれまでの問題を解決!

従来の差し歯治療では、虫歯になったり時間と共に被せものが変形したりと様々なトラブルが生じていました。このようなトラブルを防ぐために、差し歯治療はどんどん進歩しており、見た目・機能共にしっかりとした歯を作ることができるようになっています。では、最新の差し歯治療ではどのようなことが行なわれているのか詳しく見ていきましょう。

差し歯治療の問題点を改善した最新の治療法

治療

虫歯のリスクを防ぐ治療法

従来の差し歯治療で問題となっていたのが、被せものと歯との間にできるわずかな隙間です。この隙間があることでそこに細菌が入り込み、虫歯になってしまうリスクが高くなるのです。また、虫歯になることで被せものの劣化も早まり、せっかく治療をしても数年でダメになってしまいます。その問題を防ぐために、最近では「歯肉圧排」と呼ばれる治療法を用いて差し歯の型取りが行なわれています。歯にしっかりフィットした被せものを作ることができるので、虫歯のリスクを下げることができます。

マイクロスコープを利用した治療

最新の差し歯治療では、マイクロスコープを使って治療が行なわれています。マイクロスコープは、肉眼の約5倍以上もの大きさで見える顕微鏡のことで、お口の中の小さなトラブルもこれで発見することができます。これまで見逃しがちだった被せものと歯の間にある隙間も、これを使うようになったことできちんと確認できるようになりました。今後も健康な歯を保っていくためには、マイクロスコープの存在は欠かせないものとなります。

広告募集中